ページトップへ


新着情報


新着情報

樹木の枝の先に白くて丸い物が多数付いていますが…

2016年09月20日

カイガラムシの殻が付着していると考えられます。

カイガラムシは吸汁性の昆虫で種類も多く、種類によって形態や習性、被害の状況も異なりますが、多くのカイガラムシは体長は2〜3mmで、大きいものは約 10mmになります。貝殻のような硬い殻で覆っているタイプや、体の表面に白い粉状の物質をつけるタイプ(コナカイガラムシ類)、ロウ状の物質で体が覆わ れたタイプ(ロウムシ類)などがいます。枝などに群生し、幼虫・成虫ともに針状の口を樹皮に刺して樹液を吸いますので、放置しておくと生育不良を引き起こ すことがあります。対処法としては、幹や枝に虫を見つけたら、ブラシなどでこすり落とし取り除くか、冬季にマシン油乳剤を散布します。



Copyright © 2016 HOUSUI RYOKUCHI Co.,Ltd. All Rights Reserved.