ページトップへ


新着情報


新着情報

樹木の根の周辺に木の切屑のような物がありますが…

2016年09月20日

カミキリムシが産卵をした可能性が高いです。
通称「テッポウムシ」とも呼ばれ、枝や幹の中を食害するので枝が枯れたり、放置すると樹木そのものが枯れたりします。
通常5月から9月に成虫が発生し、樹勢の衰えた幹に産卵する傾向があるので、樹勢を強くすることが予防になります。枝に食害の痕跡があれば要注意です。



Copyright © 2016 HOUSUI RYOKUCHI Co.,Ltd. All Rights Reserved.