ページトップへ


マンション・ビル定期管理


管理の目的

緑が与える憩いの場として

マンション共有部分の緑地は、住民の方達が自然とふれあうことができる身近な癒しの空間です。
その空間が整備されずにいると、景観的にも悪く、マンションの資産価値も下がるのではないでしょうか?

また、整備されていない緑地スペースでは枯死枝の落下や倒木、毛虫などの害虫による危険も伴います。
癒しの景観や憩いの場、子供たちが安心して遊べるスペースを確保するのは管理者の責任でもあります。私たちはマンションの住人の方たちが安心して過ごせる様、様々な提案をさせていただき、 憩いの空間づくりのお手伝いをさせていただきます。

定期管理のご依頼はお気軽にお問い合わせください。


都市部のヒートアイランド化の防止

都市部の気温が高くなる原因には様々ありますが、その中でも緑地が少なくなり、地面の熱をためやすいアスファルトやコンクリートに覆われていることによる温度上昇はヒートアイランド現象の大きな要因でもあります。

緑地の樹木や自然の地表は水分を含んでいるため、強い日射を受けても、水が蒸発する際に熱が奪われ、高温にはなりません。
逆にアスファルトやコンクリートは日中の日射を受け高温になり、熱を夜間に放出します。
都市部では夜間も気温が低下しにくくなります。

当社では、マンションやビル、工場の緑地を定期的に管理することにより、地域社会への貢献と、ヒートアイランド化の防止を行っております。


定期管理内容

常緑樹・落葉樹・針葉樹の生育サイクル

植木の剪定

定期的な剪定・整枝は、樹木の特性を生かした樹形をつくるとともに、風通しや日照を入れることによって病害虫から守り、樹木の美しさを保ち、健全な生育を促すことになります。


薬剤散布

樹木の薬剤散布は、時により樹木を枯らしてしまうほどの病害虫を駆除対策するために必要で、予防的効果も期待できます。
その症状や樹種により薬剤の選定を行い、その樹木に効果があり、薬害のないものを使用する必要が有ります。

また、薬剤の使用条件も様々なので知識と経験を必要とします。
弊社では農薬管理指導士の資格を持つ職人が指導・作業にあたります。


施肥

樹林内で自然に育つ樹木は、落葉・落枝からの自然の分解栄養と、樹林内から流れ出る養分や、動物の糞など様々な栄養分が提供されます。

しかし、限定された場所に植栽された樹木は、それらの栄養分が不足た状態であることがほとんどです。
そこで栄養分となる肥料を人の手によって与えることで、樹木本来の美しい葉色や樹勢を保てるほか、健康な状態であることから自然と病気予防にもなります。


芝刈り・草刈り

芝刈りは、伸びすぎた葉を短くする景観上の目的だけで行なうわけではなく、茎葉の上部を剪定することで、太陽光を葉茎の下部にまであてて新たな発芽を促すことで、絨毯のように密度の高い芝生にすることを目指します。



Copyright © 2016 HOUSUI RYOKUCHI Co.,Ltd. All Rights Reserved.